日本二輪車普及安全協会(日本二普協/伊東孝紳会長)は、二輪車の盗難防止および被害回復を目的に行っている独自事業の「グッドライダー・防犯登録(G防登録)制度」について、今年も4月1日(木)から6月30日(水)までの3カ月間を普及促進月間とし、同制度の認知度向上と二輪車ユーザーの加入促進を図る。

同普及促進月間は、警察庁および全国ホンダ二輪会、全国ヤマハ会、全国カワサキ会、全国スズキ二輪会、全国オートバイ協同組合連合会(AJ)の後援を得て行うもの。

具体的には、広報資料として▼促進月間実施ポスター(B3版)7600枚▼G防登録三つ折りリーフレット7万6500枚──などを作成。

これらを国内4銘柄取引販売店、都道府県の日本二普協地区支所、地域卸販売会社、オートバイ事業協同組合、47都道府県警察本部および全警察署に配布し、同普及促進月間の推進を依頼する。

また、国内二輪4銘柄販売会社および日本二普協都府県地区支所には、ポスターおよびG防登録三つ折りリーフレットのデータをメールで送付し、これら資料の積極活用を依頼する。同普及促進月間の実施について、日本二普協の公式ウェブサイトをはじめとする様々な媒体を通じて活発にPRを行う方針だ。

G防登録は、1996年に日本二普協の前身組織(全国二輪車安全普及協会)の頃から推進しているもので、2002年からは全都道府県で実施されるようになった。

G防登録に加入すると、その車両に関するデータが警察の照会センターに登録される。車両には登録番号が記載されたG防登録ステッカーが貼付され、ユーザーには真の所有者の証となるユーザーカードが発行される。

現場の警察官が不審な車両を発見した場合、このステッカーを見て全国いつでもどこでも瞬時に所有者の照会ができるため、盗難・放置された車両の早期発見が可能となる。ステッカーがはがされていても、車両ナンバーやフレーム番号から照会することもできる。

また、G防登録に加入すると、日本二普協が全国47都道府県で展開している二輪車安全運転実技講習「グッドライダーミーティング」に参加することができる。

PRポスターでは、前年に引き続き日本二普協アンバサダーを務めているタレントの梅本まどかさんがライダーに登録を呼びかける、

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.