二輪車新聞社便り一覧

2017-09-11

慌ただしい中で創刊号作り

「創刊秘話」というほど大げさなものではないが、二輪車新聞の創刊は現場にいた私にとって、実に慌ただしいものであった。 私は1958年(昭和33年)4月に日刊自動車新聞社大阪支社編集部に入社。二・三輪車担...

2017-09-04

二輪車新聞は皇居内で産まれた

二輪車新聞の創刊は、1959年(昭和34年)1月1日で、既に58年以上も前である。 当時、二輪車新聞社はモーターマガジン社と共に皇居の中、東京都千代田区代官町1番地にあった。民間の会社が何故、恐れ多く...

2017-09-04

乗らないと理解できないこと

二輪車で全く新しいジャンルの新製品というのは、なかなか出現しない。 ただ、現在のおおまかなカテゴリーの中で、新しい方向性を提示するチャレンジングな製品は存在する。 ホンダが4月から国内販売を開始したX...

2017-08-28

スーパーカブが誕生して59年

1958年8月(昭和33年)に本田技研工業の「スーパーカブC100」が発売されてから、なんと59年が経過した。今もスーパーカブは世界中の人々に愛され、アジアを中心に広く販売されており、その生産累計台数...

2017-07-31

大型二輪教習はじめました

「冷やし中華はじめました」風ではありますが、大型二輪教習はじめました。小柄な体格ゆえに苦戦するだろうと、ついつい先延ばしにしていましたが、最近、反射神経や体力の衰えを感じ始めたのです。これは、取れるう...

2017-07-24

バイクで東北に行こう!

いよいよ梅雨も明けて、 灼熱のツーリングシーズンに突入です。 部屋に籠って涼んでいたい暑さですが、 あえて戸外に飛び出しませんか。 バイクで走るからこそ抱ける特別な感情があります。 それは、純粋に美し...

2017-07-10

「亭主、名馬で留守がいい」

我々、人間のような哺乳類などと違って、爬虫類や魚類は死ぬまで成長し、大きくなるそうです。大きいヤツほど高齢ということでしょうか、ずぅーっと成長しつづける魚類や爬虫類ってのは、我々哺乳類からすると、大き...

2017-06-26

トライアル観戦のススメ

5月27日、28日に「2017 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー日本グランプリ」がツインリンクもてぎで開催されました。1日目に降った雨の影響もあって、ハードな2日間となりましたが、世界...

2017-06-05

体感していただきたいモノとコト

新しいバイクやタイヤが発表されると、媒体向けの発表会や試乗会が開催されることがあり、私もお招きいただき、説明を聞いたり実際に乗車したりなどして、記事にしております。 その際、「実際に体感してもらえると...