カワサキワールド(兵庫県神戸市中央区波止場町2-2)では、発売以来絶大な人気を集めているニンジャZX-25Rのエンジンカットモデルを好評展示中で、来場者の注目を広く集めている。

新世代のエポックマシンが登場

神戸海洋博物館1階に入るカワサキワールドのモーターサイクルギャラリー内において、ニンジャXZ-25Rの実車とともに、初となるエンジンカットモデルを披露。
 
新開発された249㎠水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンは、低中速回転域での豊かなトルクと、高速回転域の強力なパワーを両立。カワサキがスーパーバイク選手権などのレース活動で培った車体設計思想と先進の構造開設技術が投入されているという。

最大出力33kw(45PS)を発揮するエンジン、官能的なエキゾーストサウンド、そのパフォーマンスを最大限に引き出すフレーム、アグレッシブなスタイリング、カワサキトラクションコントロールやカワサキクイックシフターなど先進のライダーサポートシステムを搭載。ニンジャZXシリーズを名乗るに相応しい仕上がりを見せている。

画像: 精巧なエンジン内部構造に肉薄できる

精巧なエンジン内部構造に肉薄できる

サーキット走行性能の高さに加え、街乗りでの快適性を併せ持った新世代のエポックメイキングモデルは、エンジン回転数の上昇に相応してライダーはボルテージが上昇し魅力の虜に──。
カワサキワールドでしか見られないエンジンカットモデルを通じ、排気量250㏄のエンジンに詰められた端整で機能美溢れる各パーツを断面から存分に堪能できる。
 
カワサキワールドは、川崎重工グループの代表的な製品を楽しく学び、遊びながら「技術のすばらしさ」と「ものづくりの大切さ」を体感できる企業ミュージアム。

カワサキワールド
開館時間10時~18時(入館17時30分迄)、毎週月曜休館
問合せ☎078・327・5401
https://www.khi.co.jp/kawasakiworld/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.