オークネット(東京都港区)は5月13日、ユーザーに中古バイクを月々の定額で所有できる、サブスクリプションサービス「ME:RIDE」(ミーライド)の提供を始めた。専用サイトを開設し申し込みできるようにした。車両は中古バイクのため比較的月額の支払額の負担を抑えられている。車両の登録手続きや納車、定期点検などは、同社と取り引きのある会員販売店の協力を得て行う。手始めに関東1都3県でサービスを提供する。今後、本格的に定額で二輪車を利用可能にするサービスが広がりそうだ。
画像: 定額サービス専用サイト「ME:RIDE」

定額サービス専用サイト「ME:RIDE」

昨今、モノの「所有」から「利用」へと、ユーザーがモノやサービスを利用するための手段や支払い方が大きく変化してきた。二輪車でも例外ではない。二輪車は車両購入のため比較的まとまった金額を支払うか、クレジットローンを組み、それ以外に諸費用や各種保険、車検、定期点検などの維持費もかかる。車両を所有するには負担を大きいと感じ、購入を躊躇するユーザーも少なくない。

だが、購入しなくてもモノ、二輪車を利用したいとするニーズや需要がないわけではない。供給側も販売よりもユーザーの「利用」に重点を置いたモノやサービスの提供へと変化している。

こうした変化をとらえ、同社ではユーザーにバイクを利用してもらい多くのユーザーがバイクに触れやすい機会を提供して行きたい考え。中古バイクで月々の支払いを抑えて定額で、金額に以上の利用価値ある充実したバイクライフを得てもらうためのサービスを提供することにしたもの。

同社ではサービス提供のため専用サイトを開設。利用するユーザーは、専用サイトで登録し設定した月額料金や車両、納車される店舗などを選択し申し込めるようにした。支払いはクレジットカードのみの決済となる。車両名義の変更手続きや納車は、同社のバイクオークションの会員店から協力を得て、参加する会員販売店で行う。現在は東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏でサービスを提供し、順次参加する販売店の地域を拡大していく考えだ。

提供する車両は、オークネットが開催するバイクオークションなどから選んだ、126㏄以上で比較的良質車両といわれる評価点4点以上の車両に厳選。オークションから直接仕入れることで、ユーザーの月々の支払金額が抑えられる特徴がある。月額は排気量に関係なく、車両状態を示す評価や中古車相場などで異なり、メーカーや排気量問わず中古車ならではの機種選択ができるのも特徴。

サービスの利用では初期費用を不要にし、月額費用は1万4800円~3万9800円とした。月額費には登録手数料や整備費用、車検、法定費用、自賠責保険、任意保険(対人・対物・搭乗者)まで含めた。乗り換えは月々の定額を支払うことで、納車から4カ月後に設定する車両から選べるようにした。

同サービスを利用中に、車両を乗り続けたい場合は、会員販売店から購入することもできる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.