国土交通省は、令和2年7月豪雨災害による被害に伴い、熊本県、鹿児島県、福岡県、大分県、長野県および岐阜県の一部地域の自動車について自動車検査証(車検証)、保安基準適合証等および限定自動車検査証の有効期間を8月4日まで伸長しているが(既報)、被害の状況にかんがみ、7月17日、車検証等の有効期間の伸長をする第6報として、対象地域を追加、拡大することを決めた。

追加された地域は▽島根県江津市▽佐賀県鹿島市▽鹿児島県垂水市・薩摩川内市・いちき串木野市・大崎町──で、主な措置内容は次のとおり。

▼車検証有効期間の伸長措置 
▽島根県江津市=有効期間満了日が令和2年7月13日~8月3日のもの▽佐賀県鹿島市=有効期間満了日が令和2年7月6日~8月3日のもの▽鹿児島県垂水市・薩摩川内市・いちき串木野市・大崎町=有効期間満了日が令和2年7月4日~8月3日のもの──を、令和2年8月4日まで伸長、同日までに継続検査を受検すれば引き続き自動車を使用できる。有効期間伸長による車検証の記載変更の手続きは不要。

▼保安基準適合証等の有効期間の延長措置
▽島根県江津市=対象地域に事業場を置く指定自動車整備事業者が当該事業場で交付した保安基準適合証および保安基準適合標章の有効期間満了日が令和2年7月13日~8月3日のもの▽佐賀県鹿島市、鹿児島県垂水市・薩摩川内市・いちき串木野市・大崎町=対象地域に事業場を置く指定自動車整備事業者が当該事業場で交付した保安基準適合証および保安基準適合標章の有効期間満了日が令和2年7月6日~8月3日のもの──の満了日を令和2年8月4日まで延長する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.