国土交通省では、令和2年7月豪雨災害による被害に伴い、熊本県、鹿児島県、福岡県、大分県、佐賀県、長野県、岐阜県、島根県の一部地域の自動車について、自動車検査証(車検証)、保安基準適合証等および限定自動車検査証(限定車検証)の有効期間を8月4日まで伸長しているが、被害の状況にかんがみ、次の対象地域については、これら車検証等の有効期間を9月4日まで再伸長することを7月31日に発表した。熊本県(八代市、人吉市、芦北町、津奈木町、錦町、相良村、山江村、球磨村、あさぎり町)、大分県(日田市、由布市、九重町、玖珠町)、岐阜県(高山市、中津川市、恵那市、飛騨市、郡上市、下呂市)

車検証について、対象地域および対象となる自動車は──

①熊本県の対象地域に使用の本拠の位置を有する自動車のうち、車検証の有効期間満了日が令和2年7月4日から9月3日までのもの。対象地域は熊本県(八代市、人吉市、芦北町、津奈木町、錦町、相良村、山江村、球磨村、あさぎり町)

②大分県の対象地域に使用の本拠の位置を有する自動車のうち、車検証の有効期間満了日が令和2年7月6日から9月3日までのもの。対象地域は大分県(日田市、由布市、九重町、玖珠町)

③岐阜県の対象地域に使用の本拠の位置を有する自動車のうち、車検証の有効期間満了日が令和2年7月8日から9月3日までのもの。対象地域は岐阜県(高山市、中津川市、恵那市、飛騨市、郡上市、下呂市)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.