ホンダは、新型肺炎コロナウイルス感染拡大防止に伴い、開催が中止された大阪/東京モーターサイクルショーに出展予定だったブースを東京都・秋葉原の屋内スペースに再現し3月27日、報道関係者に人数限定で公開した。同ブースは同日よりバーチャルモーターサイクルショーとしてインターネットで公開も開始された。
画像: 再現された「ホンダブース」全景。ホンダらしい多彩な展示となった

再現された「ホンダブース」全景。ホンダらしい多彩な展示となった

発表予定だった新製品をはじめ、会場ではホンダモーターサイクルジャパン(HMJ)の加藤千明社長があいさつし、バイクレンタルなどの新たな施策を発表した。様々なイベントが中止や延期となり、二輪業界でもレースやイベントなどの延期が相次ぐ中、モーターサイクルショーで予定していたブースを再現し、報道陣への公開に踏み切ったホンダ。

あいさつで加藤社長は「国内二輪車市場の活性化を目指すと共に、お客様の喜び・憧れに繋がるブランドへ深化させていきたい。ホンダのバイクに込めた思いを感じてほしい」と締めくくった。また、HMJパブリックリレーション部赤坂正人部長より、国内モータースポーツ参戦チームサポートの説明も行われた。

ブースには各モデルを象徴するデザインなどが描かれた大きなウォールを背景に、新製品から最近発売のモデル、レーサーなど20台以上を展示。ホンダドリームのブースとして出展予定だった車両と用品をコーディネイトした展示も併せて行われた。

加藤社長のあいさつの中でアンベールされ公開されたコンセプトモデルが「CB-Fコンセプト」。昨年のCB誕生60周年を機に、ホンダを代表するスポーツバイクであるCBを守り抜くこと・変革することを議論し導き出された提案の一つというモデル。直列4気筒998ccエンジンを北米などのレースシーンでも活躍した「CB750F」(CB900F)をデザインモチーフとした車体に搭載。「F」を感じさせるタンクからテールカウルなどのデザインを持ちながら、フロントには倒立サスペンション、リアにプロアームを採用しLEDヘッドライトなど最新の装備を採用している。

画像: 公開された「CB−Fコンセプト」とHMJ加藤社長

公開された「CB−Fコンセプト」とHMJ加藤社長

昨年の東京モーターショーで参考出品された原付二種レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」は6月26日発売の市販モデルとして展示、すでに受注も好調だ。スーパーカブC125をベースに110のストローク量を持つフロントフォーク、アップマフラー、アンダーガードなどを採用。延長されたリアフレームには大型キャリアを装備し、キャリアにはハイマウント吸気ダクトがつながる。アウトドアレジャーに適した各種装備を採用した「自然をゆったり楽しむ、トレッキングカブ」だという。車体色はグローイングレッドとマットフレスコブラウンの2色。価格は44万円。

大型モデルでは昨年発売の「CRF1100Lアフリカツイン」や、12年ぶりにフルモデルチェンジされたスーパースポーツモデルで3月20日より発売の「CBR1000RR-Rファイアーブレード」などが展示。レースで勝つためのマシンとして変貌した新ファイアーブレードとなるCBR1000RR-R。大型パネルを背景にフロア展示され、その背面には「CBR650R」「CBR400R」「CBR250RR」と様々なCBRも展示された。

このほか、灯火類がLED化されるなどした「レブル」や、すでに受注が4800台に達した「ADV150」などの新モデルに加え、「CB400スーパーフォア」「CB1100」「CB1300スーパーフォア」からなるCBゾーンなども展開された。

バイクレンタルサービスとなる「Honda Goバイクレンタル」の4月6日からのスタートも発表され、ホンダドリーム、ホンダコミューターの各店で展開される。国内最大級のバイクレンタルネットワークとなるようだが、その際のレンタル車両に供される予定の、映画「天気の子」に登場するスーパーカブを再現したピンクの「スーパーカブ110」も「クロスカブ」「モンキー125」などとともに展示された。

画像: 6月より発売予定の「CT125・ハンターカブ」

6月より発売予定の「CT125・ハンターカブ」

画像: フルモデルチェンジされ発売の「CBR1000RR-RファイアーブレードSP」

フルモデルチェンジされ発売の「CBR1000RR-RファイアーブレードSP」

画像: 灯火類のLED化など品質向上の「レブル」

灯火類のLED化など品質向上の「レブル」

画像: 販売好調な「ADV150」

販売好調な「ADV150」

「Honda Goバイクレンタル」4月6日スタート

バイクレンタルサービスとなる「Honda Goバイクレンタル」の4月6日からのスタートも発表され、ホンダドリーム、ホンダコミューターの各店で展開される。国内最大級のバイクレンタルネットワークとなるようだが、その際のレンタル車両に供される予定の、映画「天気の子」に登場するスーパーカブを再現したピンクの「スーパーカブ110」も「クロスカブ」「モンキー125」などとともに展示された。

画像: 映画「天気の子」の登場モデルを再現したピンクの「スーパーカブ110」やPCXエレクトリックなども、レンタル車両となる予定

映画「天気の子」の登場モデルを再現したピンクの「スーパーカブ110」やPCXエレクトリックなども、レンタル車両となる予定

https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.