新型コロナウイルス拡大防止に伴う緊急事態宣言がこのほど解除され、6月下旬より県を跨ぐ観光やツーリングなども徐々にではあるが可能に。また、遠出への慣熟走行も兼ねた、安・近・短”のショートツーリングや、3密回避のソロキャンプなど楽しみ方もより広がる──。

新型コロナウイルス拡大防止に伴う外出自粛などにより、ここ最近のアウトドアブームの勢いは一息ついた格好だが、今も様々なメディアで屋外キャンプや関連アイテムが話題となるなど、一部の趣味・レジャー愛好家はもとより、広く一般にも関心が高まりつつある。先ごろ行われた緊急事態宣言の解除を機に、レジャーや旅行などの観光振興が各地で推進されていく中、自然志向の屋外レジャーも一層注目の的に。

特に今話題のソロキャンプは、新型コロナウイルス拡大防止のための3密(密閉・密集・密接)を回避可能なアウトドアレジャーとして興味が注がれるところ。また、道中のライディングも含め、自然を存分に楽しめるキャンプツーリングは、以前より増して人気に拍車が掛かるかも…。この夏は3密を気に掛けず、心置きなく旅立てるレジャースタイルに挑戦してみては。

バイクキャンパーに重宝な旅アイテムが発売中

ビーズ㈱(大阪府東大阪市)が手掛けるオートバイ用品ブランドDOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)から、バイクキャンパー専用テントなど各種ツーリングギアがラインアップされた。

ライダーが企画開発した理想のキャンプテント

コンパクトなソロ用テントながらも、本格的なキャンプが楽しめる

“荷崩れしないパッキング”を開発要件に、パニアケースとヘルメット、ブーツが充分収まる広い前室(荷室)を持ちつつ、バイクへ安全確実に積載できるテントを実現化したという。
主な特長は▽ソロ用テントでも仕舞寸法を45㎝に抑え、シートバッグや大型パニアケースへの収納が可能▽設営はシンプルで迅速。自立型インナーテントに、ポールを通したフライシートを被せ、前後にペグダウン(杭固定化)。少数パーツより余裕ある居住スペースの確保が可能(ドア開口は約100㎝)。また、テントパーツは専用袋に収納できるため、サイドケースなどに分割収納も可能。

バイクツーリングテント1
【サイズ】W210㎝×L(D)300㎝×H105㎝【収納サイズ】 W16㎝×L(D)45㎝×H16㎝【重量】2.8㎏(付属品含む)【素材】フライシート:ナイロン、インナーテント:ポリエステル、グラウンドシート:ナイロン、ポール・ペグ:アルミ【付属品】グラウンドシート×1、三叉ポール×1、前室用ポール×1、ペグ×13、ストームロープ×5、キャリーバッグ×1。価格はオープン(税別参考価格3万8000円)

画像: テントはツーリングドラムバッグに収納可能で、積載時の安全性にも配慮

テントはツーリングドラムバッグに収納可能で、積載時の安全性にも配慮

梅雨時に頼もしい防水ターポリンバッグ3アイテム

ロングツーリングはもちろん、通勤通学や街乗りなど普段使いにも対応可能な3アイテムを新発売。共通特長は、レインカバーが不要な防水ファブリック『ターポリン生地』を採用し、熱溶着製法で雨・泥などから内容物を守る全天候型の防水バッグ。製品カラーは、多岐にわたるバイクシーンなどを考慮して、黄色味を抑えたナチュラルなカーキ色のストームカーキを採用した。

▼ターポリンツーリングシートバッグ(容量60リットル)
3本のデイジーチェーンのループ間隔を独自に設定。荷崩れや横方向へのズレを抑え、適切な装着位置を選べる。固定用ベルト2セットとリュックショルダー(固定兼用)1セットが付属。開口部を左右両側に設け、テントやエアマット、長尺のチェアも収納可能。サイズ W68㎝×L(D)117㎝。価格はオープン(税別参考価格1万3400円)

キャンプツーリングに心強い全天候型の防水シートバッグ テントやチェアも収納可能

▼ターポリンツーリングドラムバッグ(容量30リットル)
専用固定ベルトを使用し、バックルで瞬時に着脱が可能に。荷物の型崩れを抑えて装着の安定感を高めるPEボード「コア・ボード」を三面に封入している。サイズW50㎝ ×L(D)30㎝×H30㎝。価格はオープン(税別参考価格1万2000円)

装着安定感に配慮した防水ドラムバッグ

▼ターポリンシングルサイドバッグ(容量14リットル)
使い勝手がよい容量で、着脱も簡単なシングル(片持ち)デザインを採用。リアシート横に収まるボディーサイズで二人乗りも可能に。通勤から日帰りツーリングにも使える仕様となっている。サイズW39㎝ ×L(D)14㎝×H30㎝。価格はオープン(税別参考価格1万円)

画像: タンデムも可能で普段使いしやすい防水シングルサイドバッグ

タンデムも可能で普段使いしやすい防水シングルサイドバッグ

以上各製品の詳細はhttps://www.doppelganger.jp/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.