ランブレッタとファンティックの総輸入販売元の㈱サイン・ハウスの野口英康社長は2019年を振り返り、イベントへの出展や試乗機会の提供などで知名度が高まり、積極的な販売店もあって両ブランドで大きく前進。春に取り扱いを開始したファンティックも手ごたえのある初年度だったとする。5月には台湾SYMの部品供給、12月には車両の輸入販売も開始、製品構成を充実。20年は全国オートバイ協同組合連合会(AJ)とランブレッタの販売で提携、昨年の活動で見えた課題解決に地道に取り組む考え。ウェブサイトのデジタルと店舗のリアルを見据え、販路の拡大、どこでもどのような販売店でも販売可能な体制作り、訴求活動と責任あるアフターサービスなど、メーカーの立場で徹底して取り組む考えだ。

同社はバイク店に「投資をしてもらうための商売ではなく、利益が与えられる商売」を行うと強調。メーカーレベルでのPR活動と、責任あるアフターサービス提供の実施では徹底した意向を示す。19年のランブレッタとファンティックでは、認知向上のため毎週のように全国の各イベントへの出展、試乗機会をユーザーに広く提供。ショールームも移転し拡張した。社内体制でも人材を拡充するなど基盤を固めた。

販売体制ではユーザーの立場に立って、ウェブサイトから見積を印刷し持参することで、全国どこの販売店でも購入可能にした。取り扱い希望の販売店には出荷し、販売店を囲わない独自の展開で、全国どこの販売店でも販売できる体制とした。同時に積極的なプロショップの販売店も各地方都市での開設も実現し、拡大傾向にある。これにより着実に販売で成果が出ているとする。

昨年7月にはSYM輸入販売元として手始めに部品の取り扱いを開始。それまでの既存のSYM販売店に供給を始め、12月には本格的に50㏄、125㏄の新型車の販売を開始。販売流通は販売店を囲わずに全国どこの販売店でも販売可能な体制をとる。同社では販路を拡大し、二輪車販売店への貢献を強調する。

20年では1月6日、AJとランブレッタの販売で契約を締結し、全国の組合員店が販売できるようにする予定。

一方、販売の拡大や各地で地道なイベントでの訴求活動などで需要創造から購買に繋ぐメーカーとしての役割、責任あるアフターサービスへの対応など基本の徹底に取り組む。同時に19年で見えてきた課題改善に取り組むと見られる。ウェブサイトでの見積書の利用では、同社サイトへの誘引拡大。

ランブレッタではファッションへの関心が高いユーザーに対し、二輪販売店側とのイメージに距離があるが、ユーザーの購買意欲を高める施策を展開する模様。

ファンティックでは昨年、通常苦戦しがちな地方から販売が相次ぎ、実例経験のないことだとしている。20年はさらに地方での販売拡大に向け、各地の販売店を徹底してサポート。都心部へも販売が広がると見込む。同社では試乗機会の提供で販売につながると確信しており、地方の販売店でのイベントを積極的に支援する姿勢でいる。

SYMではこれまでの既存店での販売と、同社独自の出荷、販売形態で展開、商材を求める販売店に積極的に車両提供して行く考え。

同社では異なるレンジの3ブランドで、販売に必要な事柄に徹底して取り組んでいく考えだ。

野口英康社長

紙面掲載日:2020年1月1日

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.