KUSHITANI(クシタニ)は3月より新3店舗をオープンさせる。一般客も意識したクシタニカフェや、クシタニパフォーマンスストアなどはここ数年、複数店舗をオープンさせてきたが、ライダー用品をメインに扱うプロショップのオープンは2017年のクシタニ三鷹店以来となる。

クシタニ福岡店は新店舗として3月7日にオープン。300㎡の敷地に150㎡の店舗と150㎡の駐車場を持つ九州最大級の売り場面積を誇る店舗となる。広大な売り場にはクシタニ全商品をラインアップ。レースからツーリング、タウンユースと幅広い品ぞろえを体感できる。

クシタニ岡山店は3月14日に移転リニューアルオープン。岡山県北長瀬の商業施設「ブランチ」内の一角に設けられた店舗は100㎡の広さを持ち、隣にはレンタルバイク店が併設される。中国の観光地をツーリングしていただきたいというコンセプトから誕生したレンタル店併設の店でクシタニの用品もレンタルされるという。一般の商業施設への開店ということで一般の人の目に触れる機会も多そうだ。

クシタニ熊本店は4月3日に移転リニューアルオープン予定。熊本には19年4月にライダーが集まる阿蘇やまなみハイウェイに、クシタニカフェ阿蘇店をオープンさせている。阿蘇があって、オートポリス、HSR九州、SPA直入があってとバイクを楽しむ環境に恵まれた九州はクシタニとしても本来の製品販売について、阿蘇のカフェ導入時からブランドのリフレッシュを図っていきたいと考えていたという。熊本店についても広さ70㎡と以前の店舗を大きくリニューアルしてのオープンとなる。ようやくの開店の運びとなるが、製品、ツーリングスポット、走りを楽しむ場所と揃うことで福岡店とあわせ九州でも展開の充実を図る。

クシタニを知らない人にミートしたい

株式会社クシタニの櫛谷信夫常務取締役は「我々は用品のメーカーで、お店も専門店となるが、そういうところは用のない人は来ないし、製品の製作と販売を一生懸命やるのはもちろんなのだが、頑張るほど間口が狭まり敷居も高くなり、一般の人や新規の人々が入りづらい、玄人向けになってしまう傾向があった」と、自社の魅力が一般の人には伝わりにくかったと話す。

それを踏まえた上で今回の3店舗開店について、「ここ数年、イベントやカフェ、一般向けの商品も揃えたパフォーマンスストアなどを展開して、敷居を下げ、間口を広げる活動をしてきた。これは一般のお客様にミートしたいという思いからだが、関東、中部といったあたりではある一定の成果が出てきていると感じている。

最近では、カフェでクシタニを知って、弊社のアルバイトの面接に来てくれる若い子なども現れるようになった。クシタニを知らない人とのミートがあったわけで、こういう活動を他の地域にも広げていきたいと考えている。

九州はお店の老朽化などもあり、小さな古い専門店では誰でも気軽にとはならないと思うので、一般の方にも気軽に立ち寄ってもらえるような間口の広い店舗を展開して、ブランドのリフレッシュを図り、もう一回しっかりとクシタニの再開拓を図っていきたいと考えている」と新店舗オープンについて語った。

画像: 新店舗について話す櫛谷信夫常務取締役

新店舗について話す櫛谷信夫常務取締役

▼KUSHITANI福岡店

画像: 福岡市博多区諸岡4-3-8 ℡092-404-0819 10時~19時 水曜定休

福岡市博多区諸岡4-3-8 ℡092-404-0819 10時~19時 水曜定休

▼KUSHITANI岡山店

画像: 岡山市北区長瀬表町2-17-80 ℡086-259-0819 10時~19時 水曜定休

岡山市北区長瀬表町2-17-80 ℡086-259-0819 10時~19時 水曜定休

▼KUSHITANI熊本店(4月3日に移転リニューアルオープン予定)=熊本市東区佐土原1-15-33 ℡096-331-2302 10時~19時、10~18時(日/祝) 水曜、第3火曜定休

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.