今度は隊員たちを紹介しよう。現在、東京消防庁・千住消防署のファーストエイドチームは工藤諭隊長(左)と仲野孝洋隊員の2名で運用している。2020年1月7日の運用開始以来取材時の5月下旬までに100件以上の出動実績がある。

ファーストエイドチームは2名、2台体制

チームを率いる工藤隊長によれば「毎当番で1件は出動がある」そうで、火災や救助の要請があれば消防ポンプ車と一緒に出動するという。工藤隊長や仲野隊員が休日の場合はほかの隊員が出勤するそうだ。

装備について言うと他の消防隊とは異なるスタイルになっている。ベースとなるEVトライクでは一般道を走行する時はヘルメットはもちろん、シートベルトの着用義務もないがファーストエイドチームは出動時には二輪用のヘルメットが必須なのだ。

なぜ、着用なのか伺うと「まだ運用して間もないというのと、導入例がない車両ということもあり、出動時に隊員保護の観点からヘルメットを着用しております」(工藤隊長)という。ヘルメットは二輪車用のジェットタイプでシールドにはバイザーも装備される。

ベストはエアバッグ内蔵モデル

ヘルメットにはドライブレコーダーを装着

ところで、近年では全ての消防車両にドライブレコーダーが装備されているという。ファーストエイドチームも例外ではく、出動時に装着するヘルメット横にドライブレコーダーを装備している。写真ではヘルメット右手側に装着しているが、左手側にも装着できるようにドライブレコーダー用のベースがヘルメットに取り付けられている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.